メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食べ飲み食らう

新東京食紀行/3 野菜家電や循環型水耕栽培 「育てる」欲求に応え /東京

野菜家電の「foop」を見る武澤さん=港区で

 「ちょっとかじってみますか?」。港区六本木のマンションの一室。出されたレタスをかじる。歯ごたえがある。取り立てだから当然だが、水分が豊富だ。日ごろ食べているスーパーで購入する野菜とは別の食品のよう。収穫から時間のたった野菜に慣れ過ぎているということだろうか。

 住人の武澤朋子さん(46)はダイニングルームにある筒を横倒しにしたような機械を指さした。「foop(フープ)」と呼ばれる野菜栽培専用の「野菜家電」。「この機械で1カ月ほどで栽培したもの。無農薬で安心して食べられますよ」。生産の全過程がガラス越しに確認できれば、そう考えるのも自然だ。

 foopは、台湾の「デルタ電子」傘下のベンチャー企業「アドトロンテクノロジー」が開発から販売まで手…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1418文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]