メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食べ飲み食らう

新東京食紀行/3 野菜家電や循環型水耕栽培 「育てる」欲求に応え /東京

野菜家電の「foop」を見る武澤さん=港区で

 「ちょっとかじってみますか?」。港区六本木のマンションの一室。出されたレタスをかじる。歯ごたえがある。取り立てだから当然だが、水分が豊富だ。日ごろ食べているスーパーで購入する野菜とは別の食品のよう。収穫から時間のたった野菜に慣れ過ぎているということだろうか。

 住人の武澤朋子さん(46)はダイニングルームにある筒を横倒しにしたような機械を指さした。「foop(フープ)」と呼ばれる野菜栽培専用の「野菜家電」。「この機械で1カ月ほどで栽培したもの。無農薬で安心して食べられますよ」。生産の全過程がガラス越しに確認できれば、そう考えるのも自然だ。

 foopは、台湾の「デルタ電子」傘下のベンチャー企業「アドトロンテクノロジー」が開発から販売まで手…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1418文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです