メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美し菓子・全国大博覧会4月開幕

/4 たまきや へこきまんじゅう 心温める魔法の言葉 /三重

へこきまんじゅうを焼く玉置武史さん(左)と弘美さん

 <美(うま)し菓子>

 名張市の名勝・赤目四十八滝。入山口手前の土産店「たまきや」で多くの観光客はニヤリと表情を崩す。のれんには「へこきまんじゅう」の文字。そして焼きたてを頬張ると、笑みは満面に広がる。

 サツマイモと卵、生クリーム、小麦粉、砂糖、シナモンで練った生地を、打ち出の小づちを持ったキャラクター「忍者福笑門」の鉄型で焼く。珍名とサツマイモの自然な甘みが人気を集め、紅葉の季節には1日2500個が売れる。

 赤目名物の誕生は2002年9月。近くでホテルを営む玉置武史さん(55)、弘美さん(54)夫妻はバブ…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1094文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです