メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美し菓子・全国大博覧会4月開幕

/4 たまきや へこきまんじゅう 心温める魔法の言葉 /三重

へこきまんじゅうを焼く玉置武史さん(左)と弘美さん

 <美(うま)し菓子>

 名張市の名勝・赤目四十八滝。入山口手前の土産店「たまきや」で多くの観光客はニヤリと表情を崩す。のれんには「へこきまんじゅう」の文字。そして焼きたてを頬張ると、笑みは満面に広がる。

 サツマイモと卵、生クリーム、小麦粉、砂糖、シナモンで練った生地を、打ち出の小づちを持ったキャラクター「忍者福笑門」の鉄型で焼く。珍名とサツマイモの自然な甘みが人気を集め、紅葉の季節には1日2500個が売れる。

 赤目名物の誕生は2002年9月。近くでホテルを営む玉置武史さん(55)、弘美さん(54)夫妻はバブ…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1094文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです