メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりのとり

/3 県内の出土品 古代人の信仰を映し /鳥取

鳥取市の青谷上寺地遺跡から出土した鳥形木製品=鳥取県埋蔵文化財センター提供

 朝鮮半島から伝わった鳥を信仰する風習。国内では、時と共に人々が抱く鳥への見方が変遷していくのが分かる。稲に精霊が宿るという「穀霊(こくれい)信仰」に基づき、害虫をついばんでくれる鳥は五穀豊穣(ほうじょう)の象徴だったが、次第に神聖視され、黄泉(よみ)の国への案内役や権力者のシンボルに性格を変えていく。県内各地の出土品からは、古代に鳥取で生きた人たちと鳥との関係が垣間見える。

 鳥取市青谷町の青谷上寺地(かみじち)遺跡を囲む溝からは、鳥形木製品が見つかっている。米作りが伝わっ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです