メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第15週「さくら」 麻田が最後の靴作り? 成長した子供たちも登場

苦しそうな表情で仕事をする麻田(市村正親さん) (C)NHK

 芳根京子さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」は9日から第15週「さくら」に入る。麻田(市村正親さん)は、すみれ(芳根さん)から頼まれて娘のさくら(粟野咲莉ちゃん)の入学式用に“最後の靴作り”に挑む。時は流れて昭和34年、キアリスは全国的に知れ渡る企業へと成長。さくら(井頭愛海さん)と君枝(土村芳さん)の息子・健太郎(古川雄輝さん)は15歳になり……。

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後の焼け跡の中、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれる。

 第14週「新春、想いあらたに」では、すみれの父・五十八(生瀬勝久さん)と義兄・潔(高良健吾さん)が、会社の経営方針で意見が合わず衝突する。そんな中、迎えた正月、一同が集まった近江の坂東本家では五十八と叔父の長太郎(本田博太郎さん)が言い争いを始め、年明けから険悪ムードになってしまう。さらに、すみれとさくらも、あることがきっかけで親子げんかをする。一方、「キアリス」では、新年早々から子供用品の総合店にするべく、アメリカのメーカーとの取引を計画する……という展開だった。

 第15週「さくら」では、すみれが麻田のもとを訪れ、さくらの入学式用の靴を作ってもらえないかと頼む。ある悩みを抱えていた麻田だったが、すみれの注文を引き受け“最後の靴作り”に挑む。また、キアリスの模倣品が出回っているという情報が入り、真偽を探ろうとすみれたちはその店に乗り込んでいく……。時は流れて昭和34年、キアリスは全国的に知れ渡る企業へと成長。さくらと健太郎は15歳になり、ある日、良子(百田夏菜子さん)の息子・龍一(森永悠希さん)に連れられ、ジャズ喫茶「ヨーソロー」を訪れる。

 これまですみれたちを支えてきた麻田の“ある悩み”とは何なのか? 中盤からはついに成長したさくらや健太郎、龍一が登場。子供たち世代のドラマのスタートにも注目だ。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民 二階氏「意見ある人は来い」 報道批判真意問われ
  2. ORICON NEWS 菊川怜が結婚 お相手は40代一般男性 『とくダネ!』で発表
  3. ティラーソン米国務長官 「中国、北朝鮮独自制裁も」 核実験警告
  4. 昏睡強盗 「アイコ」に懲役15年求刑…東京地裁公判
  5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]