メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ソフトバンクグループが設立する1000億ドル(約12兆円)規模のファンドに、米IT大手アップルや米半導体大手クアルコム、台湾電子機器受託製造大手の鴻海(ホンハイ)精密工業が出資することが決まった。米IT大手オラクルの創業者で同社会長のラリー・エリソン氏も出資するといい、世界の有力企業・経営者の出資が相次ぐ。

 ソフトバンクは昨年10月、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(仮称)」の設立を発表。あらゆる機器がインターネットでつながる「IoT」などの先端技術に投資していく方針だ。

 ソフトバンクが250億ドル、サウジアラビアの政府系ファンド「公共投資ファンド」が最大450億ドルを出資することを表明。アラブ首長国連邦(UAE)の政府系ファンドも出資を検討しているほか、ソフトバンクはアップルなどと出資に向けた協議を進めてきた。

 アップルは最大10億ドルを出資する見通し。シャープを傘下に入れた鴻海精密工業の郭台銘会長はソフトバンクの孫正義社長と関係が深い。孫社長が昨年12月にトランプ次期米大統領と面会した際には、鴻海とともに米国への投資を積極化する姿勢を示している。【田口雅士】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
  3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]