メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GO!トリっぷ・とちぎ

/5 宇都宮の大谷資料館 ロケ地巡り若者急増 /栃木

幻想的な景観からロケ地として活用される大谷資料館=宇都宮市大谷町で

「B’z」シングルや「るろうに剣心」

 地下に広がる古代遺跡のような巨大空間。幻想的な景観の中で、ある男性は歌を口ずさみ、別の男性は黄色のエレキギターをかき鳴らす。

 人気ロックバンド「B’z」のシングル「May」(2000年)のプロモーションビデオ(PV)の一場面。映像では全編にわたり、大谷資料館(宇都宮市大谷町)がロケ地として利用されている。資料館の鈴木洋夫館長(63)は「15年以上前の曲だが、今でも『B’zのメンバーが演奏していた場所が見たい』と訪れる人は多い」と話す。

 製作会社の多い首都圏から交通の便が良く、自然豊かな景観があることからロケ地として親しまれている栃木…

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1156文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです