メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GO!トリっぷ・とちぎ

/5 宇都宮の大谷資料館 ロケ地巡り若者急増 /栃木

幻想的な景観からロケ地として活用される大谷資料館=宇都宮市大谷町で

「B’z」シングルや「るろうに剣心」

 地下に広がる古代遺跡のような巨大空間。幻想的な景観の中で、ある男性は歌を口ずさみ、別の男性は黄色のエレキギターをかき鳴らす。

 人気ロックバンド「B’z」のシングル「May」(2000年)のプロモーションビデオ(PV)の一場面。映像では全編にわたり、大谷資料館(宇都宮市大谷町)がロケ地として利用されている。資料館の鈴木洋夫館長(63)は「15年以上前の曲だが、今でも『B’zのメンバーが演奏していた場所が見たい』と訪れる人は多い」と話す。

 製作会社の多い首都圏から交通の便が良く、自然豊かな景観があることからロケ地として親しまれている栃木…

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1156文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです