メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中角栄・光と影

/5止 JR只見線・六十里越トンネル 「袋小路の村」に風穴 県境越え、住民の夢実現 /新潟

只見線の全線開通式でテープカットする田中角栄氏(右から3人目)=旧小出町の小出駅で1971年8月

 魚沼地域と福島県南会津地域とを隔てる標高800メートル超の「六十里越峠」。山腹を貫くJR只見線「六十里越トンネル」(全長約6・3キロ)の魚沼市側の入り口には、田中角栄元首相が揮毫(きごう)した「六十里越隧道(ずいどう)」の銘板がある。書が趣味だった角栄氏が、開通を記念して記したものだ。寒村の住民らが描いた夢は、その夢を背負った角栄氏の手によって実現した。

 旧入広瀬村(現魚沼市)職員だった大島覚(さとる)さん(78)は1970年9月、村と福島県只見町とを…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです