メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙を見上げて

/6 元JAXA研究員の中島さん 技術で育てる「未来の夢」 /長野

初の信州製として注目された超小型人工衛星「ぎんれい」の実物大模型を前に、当時のプロジェクト内容を紹介する中島厚さん=須坂市の「宇宙と農業資料館」で

 田畑が広がる須坂市相之島町を歩くと、住宅地の一角の倉庫に「宇宙と農業資料館」がある。古い農機具と共に、宇宙に打ち上げられた人工衛星の模型や宇宙関連の本、DVDなどが並ぶ。

 開設したのは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の元主幹研究員、中島厚さん(69)。信州大特任教授も務めた中島さんは、退任後の2015年、「地域の人が気軽に立ち寄り宇宙に関心を持ってほしい」と実家の倉庫を改築し、研究資料などの展示を始めた。

 1986年に打ち上げられた衛星「じんだい」や、信大と県内企業が開発し14年に打ち上げられた超小型人…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1019文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです