メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍馬に続け!

/5 世界的な彫刻家として知られる流政之さん 「使う民具」自由に /高知

住居を兼ねた制作拠点「流スタジオ」には多くの作品が並ぶ=高松市庵治町で、待鳥航志撮影

 世界的な彫刻家として知られる流(ながれ)政之さん(93)=高松市=は、半世紀前から香川を活動拠点にしてきた。国内外に多数の作品を残す一方、香川の石工技術や家具デザインの近代化にも取り組んだ。「作りたいものはいくらでもある。アートを楽しませてくれる四国で自由に作りたい」

 長崎県出身。戦時中には零戦のパイロットも務めた。遠目に敵機を見たこともあったという。仲間を多く失い、死と隣り合わせの時代だった。

 戦後、全国を放浪する中で彫刻を独学。生活に根ざしたものを作ろうと、1954年ごろから「民具」という…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです