メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍馬に続け!

/5 世界的な彫刻家として知られる流政之さん 「使う民具」自由に /高知

住居を兼ねた制作拠点「流スタジオ」には多くの作品が並ぶ=高松市庵治町で、待鳥航志撮影

 世界的な彫刻家として知られる流(ながれ)政之さん(93)=高松市=は、半世紀前から香川を活動拠点にしてきた。国内外に多数の作品を残す一方、香川の石工技術や家具デザインの近代化にも取り組んだ。「作りたいものはいくらでもある。アートを楽しませてくれる四国で自由に作りたい」

 長崎県出身。戦時中には零戦のパイロットも務めた。遠目に敵機を見たこともあったという。仲間を多く失い、死と隣り合わせの時代だった。

 戦後、全国を放浪する中で彫刻を独学。生活に根ざしたものを作ろうと、1954年ごろから「民具」という…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです