メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍馬に続け!

/5 世界的な彫刻家として知られる流政之さん 「使う民具」自由に /高知

住居を兼ねた制作拠点「流スタジオ」には多くの作品が並ぶ=高松市庵治町で、待鳥航志撮影

 世界的な彫刻家として知られる流(ながれ)政之さん(93)=高松市=は、半世紀前から香川を活動拠点にしてきた。国内外に多数の作品を残す一方、香川の石工技術や家具デザインの近代化にも取り組んだ。「作りたいものはいくらでもある。アートを楽しませてくれる四国で自由に作りたい」

 長崎県出身。戦時中には零戦のパイロットも務めた。遠目に敵機を見たこともあったという。仲間を多く失い、死と隣り合わせの時代だった。

 戦後、全国を放浪する中で彫刻を独学。生活に根ざしたものを作ろうと、1954年ごろから「民具」という…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文792文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]