メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認定・かながわ遺産

/5 鎌倉広町緑地 里山の魅力が凝縮 自然に寄り添う都市公園 /神奈川

 鎌倉市南西部、七里ガ浜を望む高台に「住宅地に囲まれた大自然」がある。東京ドーム10個分の敷地(48ヘクタール)には、スダジイの自然林、ホタルが舞う湿地のほか、小さな田畑があり、絶滅が心配されるホトケドジョウが生息している。名前は「鎌倉広町緑地」。観光客は立ち寄らない古都の秘境である。

 「目線をぐっと下げると、生き物の小宇宙が見えてきますよ」

 管理人で絵本作家の向田智也さん(44)=同市坂ノ下=が小川をのぞき込みながら微笑を浮かべた。スケッ…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1198文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです