メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神ってる・広島の宝

/6 瀬戸内海区水産研究所が実験成功、ウイルスで赤潮対策 年内実用化へ研究加速 /広島

赤潮対策につながるウイルスの研究を進める中山奈津子さん=広島県廿日市市で、寺岡俊撮影

 海中のウイルスを赤潮対策に生かす。そんな画期的な方法を、国立研究開発法人水産研究・教育機構の「瀬戸内海区水産研究所」(廿日市市)が研究している。昨年11月、赤潮の原因プランクトンに感染するウイルスを水槽にまき、プランクトンを死滅させる実証実験に成功した。従来の赤潮対策は、プランクトンの回収など物理的な方法が中心だった。研究グループの中山奈津子主任研究員は「年内にも実用化したい」意欲を燃やす。

 研究対象は、「ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマ」と呼ばれるプランクトン。カキなどの二枚貝に被害を…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1089文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです