メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スクラム組んで

2019ラグビーW杯あと2年/6 課題 「格違い」の本場に学ぶ /大分

ラグビーW杯イングランド大会の視察で 現地の人と交流する広瀬知事(中央)ら

 昨年10月、大分市の大分銀行ドームでラグビー・トップリーグの試合が開催され、今季のトップリーグの平均入場者を約2倍上回る1万514人もの観客で、会場は熱気にあふれた。一方、試合後のグラウンドでは、ところどころ芝がはげ、土が露出した。元々サッカー用の芝はラグビー用より弱く、スクラムなど激しいプレーが原因だった。

 実はこの試合は、2019年ワールドカップ(W杯)に向けた実証実験を兼ねていた。県や日本ラグビー協会…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1103文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]