メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スクラム組んで

2019ラグビーW杯あと2年/6 課題 「格違い」の本場に学ぶ /大分

ラグビーW杯イングランド大会の視察で 現地の人と交流する広瀬知事(中央)ら

 昨年10月、大分市の大分銀行ドームでラグビー・トップリーグの試合が開催され、今季のトップリーグの平均入場者を約2倍上回る1万514人もの観客で、会場は熱気にあふれた。一方、試合後のグラウンドでは、ところどころ芝がはげ、土が露出した。元々サッカー用の芝はラグビー用より弱く、スクラムなど激しいプレーが原因だった。

 実はこの試合は、2019年ワールドカップ(W杯)に向けた実証実験を兼ねていた。県や日本ラグビー協会…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1103文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです