メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蛭子さんの自由が一番

うれしい年賀状=蛭子能収

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2016年が終わって2017年になった。私の机の上にドカッと置かれている年賀状。いつか返事を書いて出さなければと思って取っているが結局、去年は一枚も返していない。

 もともと年賀状を書くのは好きだったのだが、それは10枚から20枚くらいしかもらってない頃の話だ。一人一人の顔を思い浮かべ、この人ならこんなイラストと簡単な文章、と楽しく描いていた。しかし50枚から100枚くらいに増えてゆくと、すごく面倒になってしまった。他に仕事のイラストも描いたりと、先にやらなければならない作業をこなしていると年賀状を書くのがどんどん遅くなり机の上に返事を出してない年賀状が300枚くらいたまってしまったのである。実は今年も一枚も書いてなく出していない。

 そのくせ、1月1日に年賀状が届くのを楽しみにしている。知人がどんな感じの年賀状をくれるのかワクワク…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです