メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『モータリゼーションの世紀 T型フォードから電気自動車へ』=鈴木直次・著

 (岩波現代全書・2484円)

 アメリカで自動車産業が誕生した20世紀初頭から約1世紀のドラマを、GM(ゼネラル・モーターズ)、フォード、クライスラーの「ビッグスリー」を中心に描いた。

 アメリカは初めヨーロッパに一歩出遅れたが、たちまち世界最大の自動車大国へ成長し、1920年代には自動車文明が花開く。原動力となったのはフォードによるT型車開発と大量生産システムの完成だった。次いで「フォー…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです