メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『万年筆インク紙』=片岡義男・著

 (晶文社・1944円)

自分とはなにかを問い続ける道具

 片岡義男には、『文房具を買いに』と題された、筆記用具に関するみごとな「考察」がある。私はかつてこのこぶりな、しかし厳格きわまりない記述の積み重ねに文法書の美しさを見出(みいだ)していたのだが、本書は文法からはみ出していく例外と寄り道を視野に入れたその上級編とも呼ぶべきものになっている。

 日系三世として英語と親しみながら育った片岡義男にとって、日本語の文字を記述することは、身体感覚を理…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1460文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  3. 小比類巻かほる 「Anison Days」で「シティーハンター」OP披露 「ルパン三世」も
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 富山の教諭 部活指導で過労死認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]