メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

休暇 しっかり休んで=東京大教授、精神科医 佐々木司

 今季は大みそかと元日が土日だったので、休みがそれほど長くなかった。もっと長ければ良かったのに、とがっかりした人もいるだろうが、年末年始を「休養の機会」と考えれば、この程度が妥当である。

 今回のパターンなら、12月23~25日と休み、26日から数日働いて年末年始の休みになる。1月は4~6日と働き、また週末の休みがあり、翌週も月曜が祝日なので4日間の勤務で済む。ほどほどの休養が取れ、かつ年末年始の休みの後に急にフルの勤務とならずに少しずつ心身を仕事モードに慣らすことができる。

 これを理解するポイントは二つある。まず一つは「レジャーは休養にあらず」。レジャーは「仕事」ではない…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです