メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

達医

がん予防、2段構えで 土屋了介・神奈川県立病院機構理事長

=中村藍撮影

 高額な治療薬の登場など、がんに関する情報やニュースに接する機会が増えている。治療に関心が向きがちだが、生活習慣の見直しや検診など、日ごろからの予防も重要だ。がん予防の基礎知識について、国立がんセンター(現国立がん研究センター)中央病院長などを歴任した土屋了介・神奈川県立病院機構理事長(胸部外科学)に聞いた。【高野聡】

この記事は有料記事です。

残り2004文字(全文2164文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]