メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏切で列車にひかれ死亡 警報機と遮断機なく

谷口義幸・前日南市長=2013年3月29日、中村清雅撮影

 8日午後7時13分ごろ、宮崎県日南市吾田東のJR日南線の飫肥(おび)-日南駅間の踏切で、近くに住む前日南市長の谷口義幸さん(73)が、宮崎発志布志行き普通列車(2両編成)にひかれて死亡した。

     宮崎県警とJR九州によると、列車の運転士が踏切内を歩いていた谷口さんに気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。踏切に警報機と遮断機はない。乗客約20人にけがはなかった。

     谷口さんは日南市出身。衆院議員秘書などを経て、2004年に旧日南市長に初当選。09年には、旧南郷・北郷両町と合併した新日南市の初代市長として当選した。【尾形有菜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤
    2. 行方不明 新潟・長岡の中3男子 20日早朝から帰宅せず
    3. 九州豪雨 「今、流されよう」不明の女性、知人に
    4. デンマーク 潜水艦内密室殺人か 女性記者の遺体発見
    5. 保育園 合意得られず開園延期 住民が反対 東京・吉祥寺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]