メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏切で列車にひかれ死亡 警報機と遮断機なく

谷口義幸・前日南市長=2013年3月29日、中村清雅撮影

 8日午後7時13分ごろ、宮崎県日南市吾田東のJR日南線の飫肥(おび)-日南駅間の踏切で、近くに住む前日南市長の谷口義幸さん(73)が、宮崎発志布志行き普通列車(2両編成)にひかれて死亡した。

     宮崎県警とJR九州によると、列車の運転士が踏切内を歩いていた谷口さんに気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。踏切に警報機と遮断機はない。乗客約20人にけがはなかった。

     谷口さんは日南市出身。衆院議員秘書などを経て、2004年に旧日南市長に初当選。09年には、旧南郷・北郷両町と合併した新日南市の初代市長として当選した。【尾形有菜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ツイッター 年齢制限17歳以上に 4歳から
    2. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
    3. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
    4. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
    5. 安倍昭恵夫人 「首相公務を補助」で公用旅券

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]