メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国防総省

超小型ドローン開発 全長16センチ 103機が編隊飛行

 【ワシントン会川晴之】米国防総省は9日、全長約16センチの超小型ドローン(無人機)を開発し、103機で編隊飛行する実験に成功したと発表した。低空での偵察飛行などに投入する計画で、カーター国防長官は「敵に一歩先んじる最先端の技術革新だ」と高く評価した。今年中に1000機を製造し、次世代機の開発にも取り組む予定だ。

 実験は昨年10月、カリフォルニア州で実施された。3機のFA18戦闘攻撃機が103機のドローンを投下…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文620文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
  2. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]