メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認定・かながわ遺産

/7 横浜夢座・五大路子さん 地元の胎動、生で発信 歴史の表現、私は演劇 /神奈川

新作に登場する野毛の大道芸人、IKUO三橋さん(左)の飲食店で談笑する五大路子さん=横浜市西区で

 年の瀬が迫った2016年12月27日、横浜市西区のスタジオに険しい表情をした女優、五大路子さん(64)の姿があった。この日は新年に上演を控えた作品の昨年最後の稽古(けいこ)。「台本を理解する上でこのセリフの意図が聞きたい」。役者と作家兼演出家が、台本を間に挟んで熱い火花を散らしていた。

 五大さんの率いる横浜夢座は戯曲の名作でなく、オリジナルの新作にこだわり、公演を行っている。稽古後に話しかけると、「すごくエネルギーがいるのよ」と苦笑いを浮かべた。それでも「地元の胎動を生で発信したい」との思いがオリジナルの上演までに費やす労力に勝るという。

 戦後の横浜・伊勢佐木町にいた伝説の娼婦(しょうふ)、戦争に翻弄(ほんろう)された横浜市出身の昭和の…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1262文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い
  4. 青森市議「盗聴」疑惑で辞職勧告 控室にスマホ置き無断で録音
  5. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです