メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

われら地域おこし協力隊!

/4 大阪市から佐用町へ 平福祐介さん 町産品をブランド化 /兵庫

イチゴ農家の田辺貴之さん(左)と農産物の出来具合を話す平福祐介さん=兵庫県佐用町で、幸長由子撮影

平福祐介さん(29)

 マンションや住宅が立ち並ぶ大阪市淀川区から、ひまわり畑で知られる佐用町へ昨年5月、2人の娘と妻を連れて移住した。町の農林振興課を拠点に、町産品のブランド化に取り組む。

 元は不動産や事務機器の営業マン。仕事の傍ら、町おこしのイベントを手伝う中で、「人と人との距離が近い」田舎へのあこがれを募らせた。「地域おこしを仕事にできる」と協力隊について営業先の知人から聞き、インターネットで調べ、たどり着いたのが佐用町の募集だった。

 移住当時、子供は2歳児と7カ月の赤ちゃんだった。育児の悩みを気軽に話す知人もなく、妻が「もう帰りた…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文835文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです