メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食の風景

2017なら/4 子供の貧困減に期待「大和八木こども食堂」 地域交流の役割も /奈良

「大和八木こども食堂」に集い、食事を楽しむ子供たち=奈良県橿原市で

 子供たちに無料、低額で食事を提供する「こども食堂」の取り組みが、県内でも広がっている。子供の貧困問題の中で注目されてきたが、最近では地域交流の場としての役割も持ち始めている。

 「いただきまーす」。クリスマスイブの昨年12月24日、橿原市内膳町の自治会館の一室に大きな声が響いた。「大和八木こども食堂」の会場には、1~10歳の子供や親ら約60人が集まった。

 献立は鶏肉と野菜のクリームシチュー、新米のご飯に大根のはりはり漬けなど。旬の食材を使い、体も温まる…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  5. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです