メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神ってる・広島の宝

/8 9大会連続五輪公式球 競技用ボール「モルテン」 シボ配列、改良続け /広島

モルテンのバスケットボールを手に開発の歴史を語る同社スポーツ事業本部の大成正治さん=広島市西区中広町1で、東久保逸夫撮影

 競技用ボールで国内シェア約7割を誇るスポーツ用品販売大手のモルテン(西区)。特にバスケットボールは国内外から厚い信頼を得ており、ロサンゼルス五輪(1984年)から9大会連続でオリンピックの公式試合球に採用されている。手のひらに吸い付くような感触は、ボール表面の無数の突起「シボ」を改良し続けたたまもの。神は細部に宿るのだ。

 2004年に発売したバスケットボール「GL」は、業界に衝撃を与えた。滑り止め効果があるとされた高く…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです