メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍馬に続け!

/8止 1886年、四国初松山に誕生 松山東雲学園 女学校のパイオニア /高知

四国初の女学校、松山東雲中学・高校の正門=松山市大街道3で、黒川優撮影

 松山市中心部、観光客向けの店も多い松山城下の一角に、石垣で造られた門がある。「松山東雲(しののめ)中学・高校」の正門だ。1886(明治19)年に四国初の女学校として誕生し、現在は「松山東雲学園」として大学や短大も有している。

 創立者は松山第一基督教会(現・日本キリスト教団松山教会)の二宮邦次郎牧師。伝道師の立場から女性への教育の必要性を感じ、教会などで信者の子らに勉強を教えていたのが始まりという。当時の名称は「松山女学校」。生徒はわずか2人だった。

 翌87年には生徒は40人に増え、盛大な開校式をした。この時に生徒代表として祝辞を述べた遠田ステは、…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文812文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]