メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混沌たる世界を問う

/8 自ら地域の将来像描け ナビル・ファハミ氏(エジプト前外相)

ナビル・ファハミ氏

 ドナルド・トランプ氏は米国民から「変化」を託されて、次期大統領に選ばれた。米国の外交が「トランプ流」に変化していくことは確かだ。彼の発言からは「世界で責任を分担してほしい」という思いが読み取れる。過激派やテロに強く反対しながら、欧州や中東、アジアなど各地域の国々が域内の平和と安定にもっと役割を果たすべきだと考えている。テロ対策を例に取れば、「誰がお金を払い、兵を出し、装備を供給するのか」といった議論が提起されるだろう。

 世界は今、米国一極時代が終わり、新たなパワーバランス(力の均衡)を探っている。情報や科学技術を独占…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1135文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです