メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸魚川大火

創業200年、老舗料理店が再開 特製弁当で

糸魚川駅を出発した雪月花を駅員らと見送る青木さん(右)=新潟県糸魚川市で2017年1月8日、浅見茂晴撮影

 昨年12月に新潟県糸魚川市で144棟を焼いた大火で全焼した創業約200年の老舗日本料理店「鶴来家(つるぎや)」が営業を再開した。火災を免れた自宅の敷地内に仮設の調理場を作り、リゾート列車「雪月花」で8日から特製弁当の提供を始めた。社長の青木孝夫さん(66)は「気を強く持ち、新しい鶴来家を目指して進みたい」と前を見据える。

 鶴来家の創業は江戸時代後期の文化文政期にさかのぼる。青木さんは大火のあった当日、まだ火がくすぶる街…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです