メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙を見上げて

/9 日本唯一の隕石クレーター 国際登録へ証拠集める /長野

 <宇宙(そら)を見上げて>

 南アルプスの山々に抱かれた山あいの里、飯田市の遠山郷(南信濃、上村地区)。林道・南アルプスエコーラインを車で走ると途中に見える、御池山(標高1905メートル)の南東斜面に日本で唯一の隕石(いんせき)クレーターがある。

 クレーターは直径約900メートル、深さ約300メートル。2万~3万年前に直径45メートルの隕石が衝突したとみられる。土砂崩れなどで残っているのは全体の4割ほどだが、クレーター内の最も古い岩盤には衝突で生じたとみられる放射状と同心円状の割れ目があり、今も衝突の名残を残す。

 クレーターを発見したのは飯田市美術博物館で専門研究員を務める坂本正夫さん(69)。信州大で地質学を…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1026文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです