メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

われら地域おこし協力隊!

/5止 加古川市から朝来市へ 西村大輔さん 「移住の受け皿」固める /兵庫

ミツバチの巣箱を手入れする西村大輔さん。地域おこし協力隊の任期終了後は、養蜂を生活の糧の一つにしようと考えている=兵庫県朝来市で、西村さん提供

西村大輔さん(36)

 2015年4月に加古川市から朝来市へ単身で移り住み、市あさご暮らし応援課で空き家情報を提供したり、移住希望者を案内する業務などを担当してきた。16年8月には妻(33)と長男(3)が合流し、長女(3カ月)も生まれ、現在は家族4人の生活を楽しんでいる。

 田舎暮らしを考えるようになったきっかけは12年、東日本大震災の被災地へボランティア活動に出かけたことだった。当時は神戸製鋼加古川製鉄所に勤め、鉄の品質を保つために成分や温度を監視する仕事を担当していた。ミスは億単位の損失につながる可能性があり、責任は重い。3交代勤務も楽ではない。13年3月に結婚し、長男が生まれると「定年まで続けられるだろうか」「子供と一緒の時間をもっと持ちたい」と思うようになった。移住者が経営する朝来市内のカフェを訪ねて話し込み、何…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです