メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

われら地域おこし協力隊!

地元への波及効果も期待 自治体のサポート不可欠 /兵庫

 地域おこし協力隊制度は、外部から多様な人材が移住してくるため、隊員らの活動以外に、地元住民が刺激を受けて新しい動きを始める波及効果がある。自由度が高いことも特徴。一定の要件を満たせば、地域おこし協力隊の人件費、事業費などが国から地方自治体に交付されるが、運用は自治体にゆだねられており、実情にあった事業を展開することが可能となる。自治体によっては「地域資源を使って起業する」ことを条件に隊員に地域外の活動を認め、任期中の活動を…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  4. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです