メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神ってる・広島の宝

/9 ペットボトルの中に焼きアゴや昆布「だし道楽」 自販機で全国から注目 /広島

製造途中の「だし道楽」を差し出し、「ペットボトルに魚。インパクトあるでしょ」と話す二反田博文社長=広島県江田島市大柿町大君で、山田尚弘撮影

 中区の横断歩道で信号待ちをしていると、道の向こうに自動販売機を見つけた。だが、並ぶのは茶色のペットボトルばかり。「冬なのに麦茶しかないなんて……」。がっくり肩を落とし近づくと、ボトルの中から魚の銀色の目がのぞく。ラベルには「だし道楽」の文字。江田島市大柿町大君のしょうゆメーカー「二反田醤油」のだしの販売機だった。

 会社を訪ねると、女性従業員がせっせと空のボトルに長崎・平戸産の焼きアゴ(トビウオ)と、北海道産の昆…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1090文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです