メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

2019年皇太子さま即位 代替わり、新しい形 新元号、幅広く議論も

 2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位する日程で政府が検討に入ったことを受け、代替わりへの準備が進むことになる。天皇の逝去を伴わないことで、元号制定過程の変化や儀式の短縮化など、新しい形になりそうだ。

 明治以後の元号制定は、天皇の逝去を受けてスタートする建前だった。事前に退位の日時が定められる今回は、元号制定をめぐるさまざまな事情が根本的に変わる。課題は多いが、事前の準備をオープンに進めることができる利点もある。

 元号法は「皇位の継承があった場合に限り改める」と定める。皇太子さまが新天皇に即位されるのに合わせて…

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです