メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂へ

2017年・錦織圭の戦い/上 真後ろでトップ2追う

15年全豪オープンで苦しみながら8強まで勝ち進んだ錦織=喜屋武真之介撮影

 普段は穏やかな目つきが急に鋭くなった。

 「居心地の悪さは全くなくなった。昨年(2015年)の5位とは、違った意味合いがある」

 16年シーズンを世界ランキング5位で終えた男子テニスの錦織圭(日清食品)は、昨年末のインタビューできっぱりと言い切った。

 錦織の言う「居心地の悪さ」とは、世界のトップ10に居続けることで感じる重圧を意味する。14年全米オープンで日本勢初の決勝に進み、準優勝したのは記憶に新しい。世界ランキング17位でシーズンをスタートさせた14年は、11位で臨んだ全米オープンの快進撃で9月には8位まで順位を上げ、そこから2年以上ランキング10位以内を維持し続けている。しかし、当初は世界トップクラスの仲間入りをしたことが心にもどかしさも生んでいた。

 世界ランキング5位で迎えた15年、心境の変化が訪れた。象徴的だったのが4大大会初戦の1月の全豪オー…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1087文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです