メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辞職へ 賭けマージャン問題 副市長も

斉藤守史・飯塚市長

 賭けマージャンをしていたことが問題となった福岡県飯塚市の斉藤守史(もりちか)市長(68)と田中秀哲(ひであき)副市長(69)が辞職の意向を固めたことが分かった。11日午後、記者会見して発表する。斉藤市長は食品会社社長から2006年に初当選し3期目。【平山千里】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治天皇 歩く姿撮影の写真 44歳、隠し撮りの可能性も
  2. ロシア トランプ氏の弱み握る? 米紙「買春映像含む」と報道
  3. 唐津市議選 同姓同名が立候補予定者に 選管、対応に苦慮
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 米国 反トランプデモ 俳優ら「諦めるな」 NY就任前夜

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]