メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辞職へ 賭けマージャン問題 副市長も

斉藤守史・飯塚市長

 賭けマージャンをしていたことが問題となった福岡県飯塚市の斉藤守史(もりちか)市長(68)と田中秀哲(ひであき)副市長(69)が辞職の意向を固めたことが分かった。11日午後、記者会見して発表する。斉藤市長は食品会社社長から2006年に初当選し3期目。【平山千里】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AKB48小嶋陽菜 涙の卒コンもミラノへ直行 「ばいばーい」
  2. 女性死亡 窓ガラス割られ、室内で 神奈川・平塚
  3. スマホ警告ポスター 「使うほど学力下がります」日医作製
  4. WEB CARTOP [販売ランキングに異変]日産が32年ぶりに1位・2位独占と躍進した理由とは?
  5. 森友学園 小学校認可持ち越し 審議会「財務に不安」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]