メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝統と先端…「旧1000形」模したレトロ車両

報道公開された銀座線1000系特別仕様車両=東京都中野区で2017年1月11日午前10時22分、小出洋平撮影

東京メトロ銀座線、17日から運行開始

 東京メトロ銀座線は11日、今年12月に開業90周年を迎えるのを記念し、当時の車両「旧1000形」を模して新造したレトロ仕様車両を報道陣に公開した。17日から運行開始する。

 銀座線は1927(昭和2)年、浅草-上野間で営業を始めた日本初の地下鉄。旧1000形は開業時から1968年まで運行され、シンボルカラーの黄色い車体が親しまれた。現在は地下鉄博物館(東京都江戸川区)に展示されている。

 今回新造した車両2編成(計12両)は「伝統と先端の融合」が基本コンセプト。最新の3画面の車内ディスプレーなどを備えつつ、木目調の内装や深緑色の座席、車両の銘板、楕円(だえん)形のつり革など往時の雰囲気を忠実に再現した。LEDの室内灯も通常の白色から電球色に変更可能で、レトロな情緒の演出に一役買いそうだ。通常運行のほか、記念イベントなどにも活用する。【錦織祐一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に 興収25億円突破 動員190万人
  2. 巨人・高木京 「野球でしか償えない」背番号は028
  3. 京都府立医大事件 医師ら3人逮捕へ 虚偽診断書作成容疑
  4. 雪崩 高校生ら遭難6人心肺停止4人不明 栃木のスキー場
  5. 雪崩 高校生ら8人死亡40人負傷 登山講習中 栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]