メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝統と先端…「旧1000形」模したレトロ車両

報道公開された銀座線1000系特別仕様車両=東京都中野区で2017年1月11日午前10時22分、小出洋平撮影

東京メトロ銀座線、17日から運行開始

 東京メトロ銀座線は11日、今年12月に開業90周年を迎えるのを記念し、当時の車両「旧1000形」を模して新造したレトロ仕様車両を報道陣に公開した。17日から運行開始する。

 銀座線は1927(昭和2)年、浅草-上野間で営業を始めた日本初の地下鉄。旧1000形は開業時から1968年まで運行され、シンボルカラーの黄色い車体が親しまれた。現在は地下鉄博物館(東京都江戸川区)に展示されている。

 今回新造した車両2編成(計12両)は「伝統と先端の融合」が基本コンセプト。最新の3画面の車内ディスプレーなどを備えつつ、木目調の内装や深緑色の座席、車両の銘板、楕円(だえん)形のつり革など往時の雰囲気を忠実に再現した。LEDの室内灯も通常の白色から電球色に変更可能で、レトロな情緒の演出に一役買いそうだ。通常運行のほか、記念イベントなどにも活用する。【錦織祐一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米旅行誌 世界都市ランク 東京が連続首位 京都3位に
  2. JR尼崎駅 泥酔の学生が線路歩く 最大で1時間の遅れ
  3. 衆院選 安倍首相に熱狂 投稿内容は「自己責任」
  4. 女優 笹本玲奈さんが第1子出産 母子ともに健康
  5. 衆院選 フェイスブックが投稿分析 「希望」言及が急減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]