メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路脇が陥没 蒲郡-刈谷間上下線止まる

11日午後3時ごろに運転再開の見込み

 11日午前1時20分ごろ、愛知県岡崎市のJR東海道線岡崎-西岡崎間で、上りの線路脇が陥没しているのを、現場付近を点検していた作業員が発見した。JR東海によると、陥没箇所は縦約8メートル、横約7メートル、深さは最大で約1メートル。東海道線は11日始発から豊橋-刈谷間、その後、蒲郡-刈谷間の上下線で運転を見合わせた。【月足寛樹】

     同社は復旧作業を進めており、11日午後3時ごろに運転を再開する見込みとしている。

     同社によると、上り線路の土台部分が陥没した形で、バラストと呼ばれる砕石が流出したという。現場は西岡崎駅の東約700メートルの橋付近。橋の下を流れる鹿乗(かのり)川で改修工事が行われており、同社が関連を調べている。

     陥没の影響は、朝の通勤・通学時間帯を直撃した。同社は11日の始発から名鉄名古屋本線などへの振り替え輸送を行った。

     東京と高松・出雲市を1日1往復する寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」は未明に現場を通過する予定だったが、下りは蒲郡駅、上りは名古屋駅から先を運休とした。乗客は車内で待機し11日朝に東海道新幹線で移動した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
    2. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
    3. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…
    4. 改正刑法 女性から女性の性暴力置き去り
    5. 特集ワイド 「大義なき衆院解散」で失われるもの 議会制民主主義、本旨どこへ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]