メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

淀川橋梁

消える「水面すれすれ橋」 架け替え決定

阪神なんば線の鉄橋 堤防より低い位置を走る

 阪神なんば線の鉄橋で、淀川に架かる橋では橋桁が最も低い「淀川橋梁(きょうりょう)」(758メートル、大阪市此花区・西淀川区)が架け替えられることになった。国土交通省近畿地方整備局、大阪府・市、阪神電鉄が11日の会合で方針を確認した。水面から橋桁まで4メートル強しかなく、堤防より低い位置を走るため、防潮扉が線路を横切る全国でも珍しい場所。洪水時には流れが滞る危険性があり、津波発生時の弱さも指摘されてきた。現在地より下流側に堤防より約3メートル高い橋を架ける案で、近く地元説明に入り、着工から約15年で完成を目指す。

 近畿地整によると、淀川橋梁は1924年に設置。河口から3キロ弱で、大阪湾の平均海面から橋桁まで4.…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文838文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです