メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インターリーグカップ2017、Jリーグから鹿島と横浜FMが参戦 タイ勢と対決

情報提供:サッカーキング

Jリーグからは鹿島と横浜FMが参加する [写真]=Getty Images
 Jリーグは11日、1月24日から26日にタイで開催される2017 Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップの詳細を発表した。

 公益社団法人日本プロサッカーリーグとタイリーグ社が主催するこの大会は、Jリーグとタイリーグの対抗戦方式(Jリーグ同士、タイリーグ同士は対戦しない)で行い、大会終了時点で勝ち点合計が多いリーグを優勝とする。Jリーグからは鹿島アントラーズと横浜F・マリノスが、タイリーグからはバンコク・ユナイテッドとスパンブリーFCが参加する。

 試合日程は以下のとおり。

▼1月24日
スパンブリーFC vs 鹿島アントラーズ
バンコク・ユナイテッド vs 横浜F・マリノス

▼1月26日
バンコク・ユナイテッド vs 鹿島アントラーズ
スパンブリーFC vs 横浜F・マリノス

 なお、大会はタイ国内で全試合生中継される。

【関連記事】
●ニューイヤーカップ2017 が22日に開幕 鹿島や磐田、札幌など11チームが参加
●仙台が新シーズンの背番号発表…平山は「9」、復帰のGKダニエルは「1」
●昨季年間首位の浦和が新体制を発表…菊池「加入することができて光栄」
●監督交代を転機に…宇佐美がドイツ語でインタビュー「もっとプレーしたい」
●広島の背番号決定…「7」は茶島、新加入・工藤は「50」 ウタカの契約は交渉中

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AKB48小嶋陽菜 涙の卒コンもミラノへ直行 「ばいばーい」
  2. 女性死亡 窓ガラス割られ、室内で 神奈川・平塚
  3. スマホ警告ポスター 「使うほど学力下がります」日医作製
  4. WEB CARTOP [販売ランキングに異変]日産が32年ぶりに1位・2位独占と躍進した理由とは?
  5. 森友学園 小学校認可持ち越し 審議会「財務に不安」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]