メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認定・かながわ遺産

/8止 横須賀・手刺しゅう 立体的に装飾、熟練の技 亡き父思い修業の日々 /神奈川

伝統の手刺しゅうの技を受け継ぐ職人の田沼千春さん=横須賀市の自宅で

 小部屋に背中合わせに置かれたミシン2台。3代目の刺しゅう職人、田沼千春さん(37)=横須賀市=が1台の踏み板を踏み、木枠にぴんと張った生地に針を落とす。手で縦横斜めに動かすと、たちまち絵柄が浮き上がる。横須賀発祥のスカジャンやワッペンに施される横須賀刺しゅうに特徴的な「手刺しゅう」だ。もう1台は亡くなった師匠で父の歓四郎さんのもの。「父に追いつくことはできないが、追いつけないから楽しく続けられる」と語る。

 手刺しゅうは「横振り」と呼ばれる専用ミシンを使う。針が上下だけでなく左右に振れ、足でレバーを押しな…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1307文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです