メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駄菓子屋

町ににぎわい 子供ら「友達いて楽しい」 住民有志が開店 高岡 /富山

「駄菓子の丸五商店」の山崎勝彦代表(中央)と駄菓子を買う子供たち=富山県高岡市福岡町福岡の同店で、大東祐紀撮影

 昭和時代のレトロな雰囲気が漂う古民家。店内には、カラフルなパッケージのさまざまな駄菓子が並び、たくさんの子供たちの笑い声が響く。2015年7月にオープンした駄菓子屋「駄菓子の丸五商店」(高岡市福岡町福岡)だ。地元の住民有志4人が共同で開店。代表の山崎勝彦さん(51)=家具工房店主=は「今は駄菓子屋を知らない子が多い。子供が気軽に集まれるような場所を作りたかった」と話す。【大東祐紀】

 オープンしたのは、山崎さんと中学時代の同級生。きっかけは15年5月、山崎さんが息子の運動会を見物し…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文967文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
  3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]