メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駄菓子屋

町ににぎわい 子供ら「友達いて楽しい」 住民有志が開店 高岡 /富山

「駄菓子の丸五商店」の山崎勝彦代表(中央)と駄菓子を買う子供たち=富山県高岡市福岡町福岡の同店で、大東祐紀撮影

 昭和時代のレトロな雰囲気が漂う古民家。店内には、カラフルなパッケージのさまざまな駄菓子が並び、たくさんの子供たちの笑い声が響く。2015年7月にオープンした駄菓子屋「駄菓子の丸五商店」(高岡市福岡町福岡)だ。地元の住民有志4人が共同で開店。代表の山崎勝彦さん(51)=家具工房店主=は「今は駄菓子屋を知らない子が多い。子供が気軽に集まれるような場所を作りたかった」と話す。【大東祐紀】

 オープンしたのは、山崎さんと中学時代の同級生。きっかけは15年5月、山崎さんが息子の運動会を見物し…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです