メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駄菓子屋

町ににぎわい 子供ら「友達いて楽しい」 住民有志が開店 高岡 /富山

「駄菓子の丸五商店」の山崎勝彦代表(中央)と駄菓子を買う子供たち=富山県高岡市福岡町福岡の同店で、大東祐紀撮影

 昭和時代のレトロな雰囲気が漂う古民家。店内には、カラフルなパッケージのさまざまな駄菓子が並び、たくさんの子供たちの笑い声が響く。2015年7月にオープンした駄菓子屋「駄菓子の丸五商店」(高岡市福岡町福岡)だ。地元の住民有志4人が共同で開店。代表の山崎勝彦さん(51)=家具工房店主=は「今は駄菓子屋を知らない子が多い。子供が気軽に集まれるような場所を作りたかった」と話す。【大東祐紀】

 オープンしたのは、山崎さんと中学時代の同級生。きっかけは15年5月、山崎さんが息子の運動会を見物し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです