メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙を見上げて

/10止 諏訪清陵高校天文気象部 伝統の黒点観測、今も /長野

255ミリの反射式望遠鏡のある天文台に集まった諏訪清陵高校天文気象部員ら=諏訪市清水1で

 <宇宙(そら)を見上げて>

 諏訪湖を望む小高い山の中腹にある県立諏訪清陵高校(諏訪市)。屋上には天体ドームと255ミリの反射式望遠鏡が据え付けられ、天文気象部の生徒たちが日々、天体観測を続けている。

 同部を目的に入学した生徒がいる。3年生の田中美雪さん(18)もその一人。田中さんは天体観測に憧れていたが、自宅に望遠鏡はなかった。入部して初めて火星や木星を観測した時の感動は忘れられないという。「写真でしか見たことのなかった木星のしま模様が一つ一つ数えられた。星を実感できた」

 2015年12月、田中さんは他の部員2人と「ふたご座流星群」を観測し、流星群は地球の公転方向に対し…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1008文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです