メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2017

「フィンテック」推進 みずほフィナンシャルグループ・佐藤康博社長

みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長=猪飼健史撮影

AIが審査、迅速融資

 --今年の世界経済をどう見ますか?

 ◆トランプ次期米大統領が大規模な財政政策に踏み切り、インフラ投資を進めると発言している。米経済は景気刺激によって良い方向に進み、他国の経済をけん引するだろう。米国が世界経済のエンジンとして復活するというイメージだ。

 --日本経済の先行きは?

 ◆米経済にけん引され、それほど悪い年にはならないだろう。不透明感はあるが、これまでの景気回復ペースが加速する可能性もある。ベースアップ(ベア)になるかどうかは別にして、賃金の上昇傾向が今年も続くのは間違いない。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです