メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2人不明 10日日帰り予定、新潟・湯沢

 11日午前11時過ぎ、新潟県湯沢町の神楽ケ峰(2029メートル)に日帰りでスノーボードを滑りに行った神奈川県の男性2人と連絡が取れないと、家族が神奈川県警に届け出た。同県警から連絡を受けた新潟県警南魚沼署は、遭難の恐れがあるとみて12日早朝から捜索する。

 行方が分からないのは、横浜市港南区上永谷3、自営業、轟木尚之さん(59)と、神奈川県座間市相武台1、会社員、金本正宏さん(34)。同署によると、2人は10日午前11時半ごろ、日帰りの予定で同町のかぐらスキー場を訪れていた。スキー場の係員にはゲレンデ外を滑る「バックカントリー」をする旨を記した日帰りの登山計画書を提出していたという。

 新潟地方気象台によると、同町の11日午後6時現在の24時間降雪量は36センチ。【柳沢亮】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
  2. 世界の雑記帳 ピースサインの写真撮影で指紋盗難の恐れ、日本の研究者が警告
  3. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
  4. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
  5. 紅蘭 父・草刈正雄が「パパは若い子に人気だぞ」と自慢 意外な素顔明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]