メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 自公で改憲発議に必要な3分の2超え 衆院選 一覧へ

エステ大手に是正勧告 残業代未払いなど

 十分な休憩を取らせずに社員を働かせ、残業や休日出勤に対して適正な賃金を払っていなかったとして、全国でエステティックサロン「ジェイエステティック」を展開するザ・フォウルビ(宇都宮市)が東京労働局中央、品川両労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告(行政指導)を受けていたことが分かった。社員や元社員の女性4人が11日に東京都内で記者会見して明らかにした。

     女性らによると、東京都中央区と品川区の2店舗で休憩の未取得があり、時間外の割増賃金が法律通り1分単位で計算されていなかったとして、昨年9月と11月に勧告を受けた。中央区の店では、残業の上限を決める労使協定を結ばずに残業させていた。

     4人は店長やスタッフとして施術や事務を担当し、うち3人が精神疾患を発症。会見で「人手が不足し、休憩時間を削って働いていた。労働時間の過少申告を本社のゼネラルマネジャーに求められた」「勧告後も改善が進んでいない。過少申告と違法残業は他店舗でもある」と訴えた。

     同社の担当者は「是正勧告は事実。未払い賃金は労組と交渉中で、改善に真摯(しんし)に取り組む」と話した。【早川健人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
    2. 衆院選 与党300議席超す 自民勝利、希望は低迷
    3. 衆院選 揺れる日の丸、かき消される「アベやめろ」 首相の「アキバ演説」で見えたもの
    4. 衆院選 公明、小選挙区落とす
    5. 衆院選 希望 誤算続き 小池氏「おごりがあった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]