メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11億円以上詐取か 父子逮捕、詐欺容疑を否認

 東京都中央区の貸金業者「バンリ」による架空投資事件で、警視庁捜査2課に詐欺容疑で逮捕された代表取締役、落合文太郎(71)=京都市中京区=と、次男の会社役員、落合是光(47)=千葉市緑区=の両容疑者が、被害を受けたと告訴した投資家二十数人からだけで11億円以上の出資を募っていたことが分かった。時効分などを含めると総額20億円以上を集めていた疑いがあるという。

     逮捕容疑は2010年10月、都内の元会社役員の男性(71)に投資名目で約2億4000万円を振り込ませ、詐取したとしている。両容疑者とも「一切知りません」などと容疑を否認しているという。

     同課によると、文太郎容疑者はバンリなど金融業者を含めた「バンリグループ」の代表を名乗り、是光容疑者は副代表を自称。08年6月ごろから年利13%の高配当をうたい「香港で消費者金融業を営む」などとして出資を募ったが、一部しか投資しなかったという。同課は、逮捕容疑の2億4000万円のうち約7000万円を高級車の購入や遊興費などに充て、私的に流用していたとみている。【宮崎隆、黒川晋史】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山形県立高 女性教諭…実は教員免許状なし教壇32年間
    2. 茨城・県立高 教諭がバールで生徒殴る…笑われ立腹
    3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分
    4. 徳島県教委 修学旅行中に風俗利用 男性教諭を懲戒免職
    5. 文科省天下り あっせん数十件か 元局長、在職中求職

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]