メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤雅俊氏 味の素会長、張氏は6月退任へ

伊藤雅俊氏

 日本体育協会の新会長に味の素の伊藤雅俊会長(69)が有力となっていることが11日、関係者の話で分かった。張富士夫会長(79)=トヨタ自動車名誉会長=は同日に開かれた理事会で「若い方にお譲りしたい」と述べ、任期満了となる6月に退任することを表明した。2代続けて経済界からの会長となる。

 伊藤氏は理事会で、学識経験者の枠で理事候補者として承認された。6月の理事会・評議員会で新役員が正式に決まり、新会長は理事の互選となる。伊藤氏は慶大卒、1971年に味の素に入社。2009年に社長、15年から会長を務める。

 同社は03年から日本オリンピック委員会(JOC)とスポンサー契約を締結し、栄養面などを通じた日本選手団の強化に取り組んでいる。09年にはトップ選手の強化拠点のナショナルトレーニングセンター(NTC)の命名権も取得。20年東京五輪・パラリンピックでは調味料や冷凍食品などの部門で、国内スポンサーで最高位に次ぐオフィシャルパートナー契約を結んでいる。

 経団連副会長なども歴任した張会長は、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗前会長の後任として11年4月に就任。前任の森氏が3期6年務めたことを引き合いに、張会長は「もともと6年(で退く)と決めていた」と説明した。【田原和宏、岩壁峻】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
  2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
  3. 事故 76歳女性の車、店舗に突っ込む…岐阜
  4. NGO報告 最も裕福な8人の資産、下位50%と同額
  5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]