メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ次期米大統領

世界どう変える 識者の見方

記者会見で発言するトランプ次期米大統領=11日、ロイター

 今月20日のトランプ次期米大統領の就任式まで10日を切った。大統領選勝利後も、「アメリカ・ファースト(米国第一)」を前面に押し出し、世界を揺るがし続けるトランプ氏。各方面への影響を識者に聞いた。

 ◆中東政策

シリア収拾に期待 エジプト ムハンマド・オラビ元外相

 エジプト政府内にはトランプ氏の米大統領就任を歓迎する声が多い。大統領選の対立候補だったクリントン氏は、エジプトを含む中東政策の視点が固定化されていた。ムスリム同胞団などイスラム組織との融和が持論で、エジプト政府の方向性にそぐわない。トランプ氏は外交面での新味が期待できる。

 オバマ米政権下でエジプトと米国との関係は冷え込んだ。2013年7月に同胞団出身のモルシ大統領が軍の…

この記事は有料記事です。

残り2776文字(全文3093文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです