メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 米露改善、楽観できず 次期政権「強硬」議会向け 不信抱える露、政策見極め

 【ワシントン会川晴之、モスクワ杉尾直哉】トランプ次期米大統領とティラーソン次期国務長官は11日、ロシアとの関係改善を図る意向を強調した。トランプ氏は記者会見で、プーチン露大統領が自分のことを「好きなら、それは財産だ」と述べ、ティラーソン氏もロシアの「思考法を知り尽くしている」と胸を張った。オバマ政権幹部が「冷戦終結後では最悪の状況」と指摘する米露関係に修復の余地はあるのか。

 午前9時から米議会上院外交委員会で始まったティラーソン氏承認を審議する公聴会。推薦人にはブッシュ、…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです