メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2017

米の通商政策、懸念 野村ホールディングス・永井浩二グループCEO

=根岸基弘撮影

NISA、若年層に注力

 --トランプ次期米大統領が就任します。

 ◆トランプ氏はビジネスマンで、企業に優しい政策をとるだろう。大胆な減税とインフラ投資を主張しているので、米国経済に悪い訳はない。

 注意を払わなければならないのは、通商政策と安全保障政策だ。保護主義的な政策をとれば、回り回って世界経済に悪い影響を与える。また、アジアの平和は米軍によって維持されている。米国が中国を刺激しているが、このまま中国を追い込み、さらに(在日)駐留米軍を撤退するのは最も悪い想定だ。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文991文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  3. 女子テニス 「今、疲れてる」凱旋試合の優勝阻まれた大坂
  4. 日テレ系列 広島テレビなど放送中断 中継回線の不具合
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです