メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2017

新しい芽を増収に 任天堂・君島達己社長

任天堂の君島達己社長=京都市南区で、小関勉撮影

任天堂・君島達己(きみしま・たつみ)社長

 --昨年はスマートフォン向けゲームを本格配信するなど新機軸を打ち出しました。

 ◆据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」など長年ハードで引っ張ってきたが、新しいものに切り替えようとさまざまなプロジェクトを立ち上げた。ポケモンGOのヒットは、世界中の幅広い世代に任天堂にも関心を向けることにつながり、予想以上の追い風になった。スーパーマリオランでは、多くの人に遊んでもらうため、すべてのゲームが1200円の定額で遊べるという挑戦をした。課金で遊ぶ人も増えており、ユーザーの理解も深まっている。

 --今年は3月に据え置き型と携帯型の両方の特性がある新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発売しま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです