メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 放射能、基準超えは1カ所 側溝土砂105カ所調査 一関 /岩手

 一関市は、東京電力福島第1原発事故に伴う5回目の道路側溝土砂のサンプリング調査結果を公表した。昨年10月24日~12月15日にかけ、継続的に調査しているポイントでサンプルを採取した。調査地点は105カ所で、地上1メートルでの空間放射線量は0・03~0・25マイクロシーベルト。平均0・07マイクロシーベルトだった。国が除染の基準としている0・23…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]